鍛神(きたしん)の解約方法と手順を紹介!

肉体派タレントの金子賢さんがプロデュースしていることで知られる大人気HMBサプリメント「鍛神」を購入する方の多くは、よりお得に購入できる定期コースを選んでいます。

 

しかし、いざ解約をしようと思った時に解約方法が分からなかったり、解約ができないようだと大変です。

 

そこで今回は、鍛神の解約方法やスムーズな手続きの進め方について、私が実際に同品を解約した経験を基に、分かりやすくまとめてみました!

定期コースは簡単に解約できました!

鍛神の30日間返金保証の手順はこちら>>

定期コースの詳細

★初回10214円引き!(1ヶ月500円)

★2回目以降は30%引き(6980円)

★ずっと送料無料

30日全額返金保証つき

 

鍛神の定期コース(キレキレコース)には4ヶ月以上の継続が必要ですが、万が一商品の品質や効果に満足できなかった場合には、購入から30日以内であれば購入代金の全額を返してもらえます。

 

そのおかげでほぼノーリスクで鍛神の効果をお試しできるので、初めてのご購入で迷っている方でも気軽に定期コースを利用することができます。

鍛神(きたしん)の解約の条件

4回以上商品を受け取っていること

鍛神を解約するためには最低でも4回は商品を受け取っていることが条件となります(初回500円を含む)。

次回発送日の7日前までに連絡をしていること

鍛神を解約する際には、次回商品発送日の7日前までにメーカーに連絡を入れる必要があります。

 

解約期限を過ぎると、また次月に改めて解約手続きを行わなければいけなくなってしまうため、解約手続きは期間の余裕を持って行うことをオススメします。

必ず電話にて連絡を入れていること

解約や返金、休止などのお届けサイクルの変更に伴う手続きは、必ず電話にて行わなければいけません。

 

お問い合わせフォームメールでの解約申請の場合、受け付けてもらえない可能性が高いので注意してください。

解約時に準備する物

電話機

鍛神の解約は必ず電話にて行わなければいけないので、電話機は必須です。

 

時間によっては繋がりにくいこともあるので、いつでも電話がかけ直せるように携帯電話スマートフォンで手続きを行うのが良いでしょう。

商品明細書

解約手続きの際に、オペレーターから解約する商品名コース名を聞かれるため、詳細が記載してある明細書を用意しておくと便利です。

メモ

返金を受ける際などには、初月分の商品をメーカーに返品しなくてはいけません。

 

その場合、オペレーターから商品の返送先を指定されるため、忘れないようにメモを取りながら手続きを行いましょう。

解約の手順

手順①メーカーに電話をかける

鍛神を解約したいとなったら、まずは次回発送日7日前までにメーカーに電話で連絡をします。

 

次回発送日については明細書などで前もって確認しておくと良いでしょう。

 

★連絡先

株式会社BIZENDO

TEL:0120-50-9291

平日9:00-18:00(土日祝休み)

手順②必須事項を伝える

電話が繋がれば、オペレーターに解約したい旨と解約したい商品名コース購入者氏名電話番号などを伝えます。

 

私が手続きをした時は解約する理由を聞かれたので、前もって言うことを考えておくとスムーズかもしれません。

手順③解約受付メールを確認する

電話で手続きが終わると、しばらくしてから登録メールアドレスにメーカーからの解約受付メールが届きます。

 

ドメイン指定受信に設定されている方はメールが届かないことがあるので、その場合は迷惑フォルダーを確認するか、前もってメーカーからのメールを受信できるようにしておきましょう。

 

解約受付メールに間違いが無いか確認したら、解約手続きは全て完了です。

解約時に注意する事

解約すると同じコースには申し込めなくなる

自分もしくは同居している家族が、以前に鍛神を解約したことがある場合には、再び同じ購入プランに申し込むことはできません。

 

同品のキレキレコースは初回購入者限定の特別プランなので、今後購入を再開する可能性がある場合には、休止周期変更に留めておいた方が良いと思います。

メーカー休業日に注意

株式会社BIZENDOは土日祝日休業日となっており、解約の受付もこの日は行われていません。

 

もしも解約期限とメーカー休業日が被っている場合でも、発送日の7日前を過ぎると解約が次回に持ち越されてしまいます。

 

そのため、解約をする際には前もって発送日とメーカー休業日をチェックしておき、期間に余裕を持って解約手続きを行うようにしましょう。

継続4回目未満の解約は違約金が発生する

鍛神の定期コースには4回の継続期間の縛りがありますが、この期間に満たない時に解約をすると違約金が発生する可能性が高いです。

 

違約金は〈定価と割引価格の差額×購入回数送料〉が請求されてしまうため、タイミングによっては解約しない方が安くつくという場合もあります。

 

そうなると完全に払い損なので、返金保証期限内を除けば、必要継続期間内での解約は避けたいところです。

 

鍛神(きたしん)の口コミはこちら>>

30日間返金保証付きは公式サイトのみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です