鍛神の効果的な使い方・飲み方にはコツがあった!

鍛神の効果的な使い方・飲み方にはコツがあった!

鍛神は俳優の金子賢さんが全面監修をしているサプリメントで、多くのモデルさんやボディビルダーなども愛用している事で有名なダイエット&マッスルサプリです。

 

多くのプロからも愛されている商品という事で、その品質や効果には折り紙付きですが、使い方を間違えると効果が半減してしまう事もあるのです。

 

そこで今回は、鍛神をより効果的に使うための方法についてまとめてみました。

定期コースは簡単に解約できました!

鍛神の30日間返金保証の手順はこちら>>

鍛神の一般的な飲み方

鍛神は、1日6粒を目安に水などで服用していきます。

 

飲むタイミングなどは自由ですが、HMBの特性的にトレーニング直前、トレーニングの合間、トレーニング直後に分けて飲むのが基本です。

 

トレーニングをしない時に飲んでも問題はありませんが、当然ながらある程度は運動をしないと筋肉がつく事も無いので、鍛神とトレーニングはセットのものとして考えておきましょう。

鍛神の効果的な使い方・飲み方

それではここから、鍛神の効果をより大きく引き出すためのアレンジ法をご紹介していきましょう。

トレーニングをしないときは朝出かける時に飲む

専門家やよほどやる気がある方ならいざ知らず、普通の人はなかなか毎日トレーニングをする時間が取れないなんて事もあるでしょう。

 

そう言った場合は、朝の通勤や通学なども良い運動になるので、鍛神を朝出かける前に飲むようにするのがオススメです。

プロテインと一緒に使う

筋トレ初心者や女性の場合は鍛神のみでも十分ですが、ある程度身体を鍛えている人の場合はプロテインとの併用がオススメです。

 

鍛神のようなHMBサプリは既に筋肉量が一定以上の人には効果が弱くなるので、プロテインやホエイサプリなどでタンパク質を補ってあげましょう。

 

ちなみに、プロテインと併用する時は、鍛神はトレーニング前とトレーニング中に飲み、プロテインはトレーニング後に飲むのが最も効果的とされています。

筋トレは2~3日に1回がベスト!

筋トレをすると必ず筋肉が疲労し、その筋疲労が回復するまでには48時間~72時間ほどかかると言われています。

 

鍛神には筋疲労を早く回復させる効果もありますが、基本的に毎日筋トレをする必要はありません。

 

筋肉が回復仕切らないうちの筋トレは効率が悪く、逆に筋肉の減退に繋がる事もあるので、筋トレは週に2回程度で十分です。

 

ただ、鍛神は出来るだけ毎日飲むようにしましょう。

効果的に使うコツ

最後に、鍛神を効果的につかうコツについて、服用するタイミングや頻度、細かい飲み方などに注目して解説をしていきたいと思います。

一度にまとめて飲むより分けて飲む方が良い

サプリメントをこまめに飲むのは面倒ですし、ついつい忘れがちになってしまうので、一度にまとめて飲みたいという方もおられると思います。

 

しかし、基本的に鍛神のようなHMBサプリにはまとめ飲みのメリットがほぼ無く、効果を半減させてしまう可能性が高いのでオススメ出来ません。

 

HMBが筋肉増強に最も効果があるのは、筋トレ後からわずか30分以内と短いので、筋トレ直前や筋トレ中に、こまめに飲むのが最も効果的です。

トレーニングをしない日も出来るだけ飲むようにしよう

鍛神にはHMBやBCAAといった筋肉をつくる成分だけで無く、グルタミンやオルニチンなどの筋肉疲労を回復させる成分や、シトルリンやアルギニンなどの代謝を高める成分も配合されています。

 

HMBだけを摂取するならトレーニングをする時だけでも良いですが、鍛神はダイエットや健康に役立つ成分もたっぷり配合されているので、出来るだけ毎日続けて飲むようにしましょう。

食事もバランス良く食べるようにしよう

鍛神にはタンパク質由来の成分やアミノ酸などは豊富に含まれていますが、ミネラルやビタミン、亜鉛なども筋肉の生成には欠かせない栄養素です。

 

筋肉の素となる成分がしっかりと取れていても、それらを働かせるための栄養素が足りてなければ効率が悪いので、サプリ以外の食事にも十分注意しましょう。

つけたい筋肉によって食べる物を変えてみよう

ダイエットをする場合には脂質や炭水化物(糖質)は控えめにするのがオススメですが、筋肉を大きくするためには炭水化物や脂質も十分に摂取しなければいけません。

 

また、女性の場合も、筋肉がついて脂肪が減ってしまうと、女性らしい柔らかさが失われてしまう事もあるので、筋トレ中は炭水化物や脂質も適度に摂取しましょう。

摂取する栄養素のバランスによる効果の違いについて

ちなみに、一般的な食事の栄養バランスは「タンパク質1.5:炭水化物6:脂質2.5」が理想的です。

 

対して、バルクアップ(筋肥大)を行う時の栄養素のバランスは、「タンパク質4:炭水化物4:脂質2」の割合が基本です。

 

一般的な栄養バランスの割合からタンパク質を増やせば筋肉増強に、炭水化物や脂質を減らせばダイエットになります。

 

とは言え、栄養が偏りすぎても逆効果ですので、身体の調子に合わせながら適度に食べる物を変えていくと良いと思います。

 

鍛神(きたしん)の口コミはこちら>>

 

30日間返金保証付きは公式サイトのみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です